調剤薬局の小児科に関する情報サイト

小児科のリスクと減少の関係

近年、勤務医不足で医師の負担が激増しています。特に激務で知られる小児科の状況は深刻で、全国の医師から小児科は忌避され、医師の数が減少しています。中には、小児科医が確保できず、小児科医を閉鎖する病院も相次いでいます。

 

少子化による影響で実患者数が減少するなか、経営の安定性を維持するために、小児外来診療料などの報酬の見直しが行われましたが、同時に診療所側も、早朝・夜間診療への積極的な展開や、産婦人科などを標榜する病医院との連携構築など、さまざまな経営努力が重要になります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

少子化問題の深刻化や、早朝・夜間、休日対応による過重労働など、条件の厳しさなどから、近年、小児科施設数とともに、小児科を希望する医師も減少傾向にあり、今後、小児科が健全経営を実現するためには、夜間休日の診療体制を整備し、他の小児科との差別化やいかに患者1人当たりの診療単価を上げていくかが大きなポイントとなります。また、スタッフ不足の解消を図るために、院内体制を再整備することも重要です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

子どもが喜ぶようなアメニティの工夫はもちろんのこと、専門領域の拡充・周知、プライバシーの確保、感染対策、母親への適切な対応も重要です。加えて、 皮膚科や耳鼻咽喉科など小児関連の疾患をあつかう医療機関との連携を積極的に行い、地域ニーズに適切に応えていくことを意識した経営が求められます。

 

ドラッグストア