調剤薬局の小児の食物アレルギー

小児の食物アレルギー

小児のアレルギー症状は非常に様々です。




主な症状としてはじんましんやかゆみ、頭痛、下痢などがあります。




薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

そのような症状がでた場合は食物アレルギーかどうかの検査を行います。
検査には血液検査や、皮膚の検査などがあります。


万が一検査で原因物質が見つかった場合は
その食物を今後除去するようにアレルギーを予防します。

ドラッグストア