調剤薬局の小児科の減少

小児科の減少

少子化問題の深刻化や、条件の厳しさなどから、近年、小児科施設数とともに、小児科を希望する医師も減少傾向にあります。

 


今後、小児科が健全経営を実現するためには、夜間休日の診療体制を整備する必要があります。




薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



他の小児科との差別化やいかに患者1人当たりの診療単価を上げていくかが大きなポイントとなります。




また、スタッフ不足の解消を図るために、院内体制を再整備することも重要です。

ドラッグストア