調剤薬局の小児科に関する情報サイト

開業場所について

まず、常に人目に触れる生活道路沿いで人の動きが多くある場所を探します。 人の動きが多いところとは、人が自然に集まるアクセスの良い場所ということになります。

 

かつ、大型スーパーマーケットやドラッグストアなど、強い集客力を持つ場所の近隣に物件が存在すれば、開業地として検討する価値は十分にあります。これは、医療と一般事業との相関関係で協力し合い相乗効果を狙うという考え方です。

 

また、他科目の医院が既に入居している医療ビルなどは、患者がそこに医療機関があることを認識しているので、新たにオープンした場合に、患者が自院の診療科目に通院してくれる可能性が高くなることも考えられます。

 

メディカルエリアや病院が集中している地域についても同じことがいえます。
薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

あくまで、生活習慣を利用した形で地域をとらえて、その動線を考えると開業適地を選定することが出来ます。医院へ通院する過程において、所要時間が短く、かつ楽に通院できることがポイントです。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら