調剤薬局の小児科に関する情報サイト

広告活動のポイント

医院の広告については、医療法により広告の制限があるので、法の範囲内で効果的にPRし、地域の競合医療施設との差別化を図り、患者さんの目を自院に向けてもらうためにも、自院の品位を損なわず、必要最小限の投資で、最大の効果が得られるように慎重に検討すべきです。人間のイメージは70%以上が視覚によるものであると言われています。人々の視覚に訴えることが大切です。その基本となるのがシンボルマーク、ロゴタイプ、イメージカラーなどです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

基本コンセプトをデザインとして、どのように表現していくか。具体的にはシンプルでわかりやすいシンボルマークを作成したり、ロゴタイプの統一やイメージカラーを様々なところに使用して印象づけることです。

 

現在の若い家庭では、インターネットが普及していますから、ホームページが最も効果的な広告媒体と考えます。内容は単なる診療所の紹介ではなく、小児医療は殆ど「救急医療」ですから、小児に起こりやすい様々な疾患についての予防、小児の健康知識などを物語り風にまとめた内容で作成するとよいでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

また、インターネットだけではなく、家庭に置ける「小児の健康講座」のパンフレットも必要で、そこには提携している病院(入院治療が必要な場合の紹介先病院)についても詳細な広報を掲載しましょう。

 

薬剤師 就職