調剤薬局の小児科に関する情報サイト

開業コンサルを利用するメリット

医院を独立して開業するにあたり生じる多くの懸案事項(開業物件、資金、諸手続き、医療機器の選定など)、一人で全部やっていくのは大変なものです。最後は自分、とはいうものの、物件選びひとつにしても後に大きく影響する要素ですから、やはりコンサルタントの客観的な判断とアドバイスがあれば医院の開業にも、当然経営にも心強いものです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

コンサルタントは開業するドクターひとり一人の立場になって医院開業をトータルでサポートしてくれます。医院開業は十人十色と言われるように、ドクターひとり一人ニーズが異なります。ドクターのニーズをベストスタイルでクリニックに反映させるためには様々な決断・決定を院長=経営者として行わなければなりません。最終判断をするのはドクター自身ですが、その判断材料を提供しアドバイスすることがコンサルタントの仕事であり腕の見せ所になります。 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

主役俳優(先生)・その他俳優(スタッフ)・マネージャー(コンサルタント)の関係になり劇場(クリニック)で観客(患者さん)に如何に良い演劇(医療サービス)を提供し満足させることができるか?という例えも、ある意味出来るでしょう。主役である院長と観客である患者が信頼関係を築けるようなクリニックの環境を整える裏方作業がコンサルタントの仕事になります。

 

薬局